東京に点在する美術館、博物館、工芸館ほか、文化や自然科学、芸術を観たり、学んだりできるスポットを
実際に訪問取材して、ご紹介するコーナーです。

東京のミュージアムガイド
東京のミュージアムガイド
多摩エリア 23区エリア 美術館 博物館・その他 公園・庭園

 

アド・ミュージアム東京
ADVERTISING MUSEUM TOKYO

TEL:03-6218-2500

アド・ミュージアム東京

スポットデータ
SPOT DATA

名称 アド・ミュージアム東京
住所 〒105-7090
東京都港区東新橋 1-8-2
カレッタ汐留
TEL 03-6218-2500
FAX 03-6218-2504
開館時間 11:00〜18:30、土曜・日曜・祝日〜16:30(最終入館時間各30分前)
入館料 無料
休館日 月曜(月曜が祝日・振替休日の場合は火曜)
公式HP http://www.admt.jp
その他  
 
大きな地図で見る

ページトップへ

ポスター・TV&ラジオCM・チラシなど多彩な「広告」がギッシリ!

「日本で唯一の広告博物館」

広告とマーケティングに関する研究の振興と社会への理解を深めることを目的として、広告資料を集めた博物館です。館内は広告作品の展示スペースと、広告及びマーケティング関連の図書を閲覧できる広告図書館で構成。ここでは日本の広告の歴史がひと目で分かり、江戸時代の錦絵から最新のTVCMにいたるまで、さまざまな広告が見られます。



入ってすぐ目に飛び込んでくるのは、
TCC(東京コピーライターズクラブ)の選定による「20世紀の広告コピー110選」

なりたち

今日ある広告のビジネスモデルの基礎を築くなど広告界に大きな功績を残した株式会社電通第4代社長・吉田秀雄氏。その功績を称えて設立された財団法人 吉田秀雄記念事業財団が「わが国におけるマーケティング特に広告に関する分野の振興をはかるとともに、その研究を奨励助成し、わが国経済、産業ならびに文化の発展に寄与せんとするものである」という意志を継ぎ、2002年の生誕100年を記念して開館しました。


企画展スペース

地下1階と地下2階を結ぶ階段の左右の壁面を使い展示を行っています。企画展は、日本をはじめアジア、ヨーロッパ、アメリカなど世界の広告賞受賞作品と所蔵作品による特別展を年に12回開催。また、地下2階のスペース「広告の“今”」とAVホールでも同様に企画展を行っています。

開放感抜群の階段スペースを利用

ポスター以外にノベルティなどアイテムも展示。
写真は「クリエーティブ トップ ナウ 2007展」のもの

AVホールでは、企画展示に合わせて広告賞受賞テレビCM作品を併行して上映することもあります


常設展スペース

日本の広告史を収蔵作品でたどる常設スペース。江戸時代から現在にいたる錦絵、ポスター、TVCM、ラジオCMを紹介しています。

まずは、日本の広告の源流ともいわれる江戸中期。モデルに最新の着物を着せた美人画(現在でいうファッション広告)や、日本初の引札(チラシ)などを発行した「越後屋」の紹介、実在する商品名や店舗名が使われている歌舞伎の1場面を描いた「助六」の錦絵などを見ることができます。
また、「広告」という言葉が生まれた明治期のスペースでは明治の新聞広告などを展示。


江戸時代に描かれた錦絵や日本初のチラシ

明治時代になると西洋画の影響を受けたポスターも

1900〜90年代にかけては、当時流行ったものや出来事が分かる展示と対比するように、その時代のポスターや広告物を紹介しています。※常設展示では適宜作品の入れ替えを行っています

「福助」から「アトム」、「AIBO」などそれぞれの時代を象徴するアイテムが並びます
大正時代になると写真の広告が出始めます
戦前の作品。絵を使ったものが主流

戦後になりカラフルなものが増えました

1960年代。時代を象徴する作品たち

1990年代。
社会問題を提起するものなどジャンルも多彩に

タッチパネルで約2000点の画像データを見ることができる「アド・ウィンドー」

時代別にラジオやTVCMを視聴できるコーナー

有名広告賞受賞作品を自由に視聴することができるコーナー

その他施設

広告関連の書籍やポストカードなどのオリジナル作品を販売するミュージアムショップのほか、広告図書館を併設しています。広告図書館では、マーケティングと広告に関する図書の閲覧や、所蔵作品のデータベース検索・閲覧ができます。※貸し出しは行っていません


広告関連の書籍が充実しているミュージアムショップ

和書約1万2000冊、洋書約2900冊、雑誌約170種(2008年1月現在)その他資料含め、合計1万8000点を所蔵

カレッタ汐留内にあるので、デートコースにもおすすめです。
なかでも、懐かしのCMに出会える視聴スペースが人気だとか。
ちょっと立ち寄るだけでも、楽しめるスポットです。
Writer by 中原 睦

ページトップへ

     

    

 


         
 
 
 
 携帯メール配信でお店のファン作りをする       低料金できれいなデザインのホームページ制作
 
ぽかなび(日帰り湯)グルメ(飲食)ビューティー(美容)ショップミュージアムウォーキング蔵元めぐり(地酒)
初詣神社寺梅園梅祭り桜お花見アウトドアバーベキュー花火プール紅葉イルミネーションクーポン
エリアガイドTOPイベント情報 メルマガ登録会社概要広告出稿プライバシーポリシー
タチカワオンラインTOPサイトマップ
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.