多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
 
東京のミュージアムガイドTOP

エリアで探す:東京23区の美術館−−多摩の美術館

ジャンルで探す:美術館一覧−−博物館その他一覧−−庭園公園一覧


台東区

museum/多摩武蔵野から行くミュージアムガイド
コーナートップへ
「国立西洋美術館」

〒110-0007
東京都台東区上野公園7番7号
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)

公式ホームページ
http://www.nmwa.go.jp/

開館時間:9:30〜17:30(入館は17:00まで)、金曜は9:30〜20:00(入館は19:30まで)
休館日:月曜日、年末年始、2008年1月7日(月)〜3月3日(月)(予定)まで建物改修工事のため全館休館
入館料:常設展観覧料 一般420円 大学生130円 高校生70円
企画展観覧料 展覧会によって異なる
無料観覧日(常設展示のみ) :毎月の第2、第4土曜日、文化の日(11月3日)

国立西洋美術館
国立西洋美術館
 
日本を代表する国立の博物館
 
東京国立博物館正門

なりたち

大正から昭和にかけてヨーロッパ各地で、当時(株)川崎造船所の社長であった故松方幸次郎氏の手によって集められた「松方コレクション」。370点にのぼるこのコレクションは、モネやロダンといった、いわゆるフランス近代美術を収集。1959(昭和34)年、国立西洋美術館として開館。新館、企画展示館、前庭などが作られ、現在にいたる。

 

建物

上野駅公園口から一番近い美術館である、国立西洋美術館。本館は、ル・コルビュジエによる建築。前庭には、ロダン「地獄の門」、「考える人」、「カレーの市民」といった彫刻が並ぶ。

 
常設展示(松方コレクション))

本館2階には、中世末期から20世紀初頭までの絵画が並ぶ、常設展示室がある。貸出、修復がない限り、通年同じ作品が同じ場所で見ることができる。作品前には結界(近づくことを防ぐための線などのこと)があり、作品を見る際には注意をしてほしい。

 
常設展示室/本館2F
 
企画展示

年3回、企画展示を行っている。そのうち2回は大きいもので、海外の有名な都市にある美術館の作品を借りてくることが多い。残り1回は、美術館独自の企画展である。知られていない作品を知ってもらうという目的で、版画展を行うことが多い。

写真は「ムンク展」の看板
 
資料閲覧コーナー

過去の展覧会のカタログを閲覧できる場所。また、ソファなどに座って安らぐこともできる。

 
ミュージアムショップ&カフェ「すいれん」

1階にあるミュージアムショップとカフェ「すいれん」。7月からSUICAで買い物ができるようになった。ミュージアムショップに並ぶ本の量には圧巻!

カフェ「すいれん」
 
ミュージアムショップ
 

チケット売場

チケットはSUICAで購入可能。第2・第4土曜日は、常設展示が無料でオトクだ。また、毎週金曜は夜8時まで開館、上野駅からすぐなので、会社帰りにもぜひ寄って欲しい。

 



-----------→探訪後記
国立西洋美術館の常設展示室で「ここにこれがなきゃ!」と言う私の友達がいます。作品と向き合うと、作品のことだけじゃなくて、自分が初めてここに来たときのこと、次に来たときのこと、と思うことがたくさんあるみたい。長い間親しまれている作品には、人の気持ちを受け止める懐の深さがあるんでしょうね。
     
東京のミュージアムガイドTOP

エリアで探す:東京23区の美術館−−多摩の美術館

ジャンルで探す:美術館一覧−−博物館その他一覧−−庭園公園一覧
 
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.