多摩武蔵野の情報誌サイト タチカワオンライン − 日帰り温泉、美容室、グルメ、ショップ、美術館、酒蔵、ウォーキング、コラム
 
東京のミュージアムガイドTOP

エリアで探す:東京23区の美術館−−多摩の美術館

ジャンルで探す:美術館一覧−−博物館その他一覧−−庭園公園一覧


新宿

museum/多摩武蔵野から行くミュージアムガイド
コーナートップへ
「損保ジャパン東郷青児美術館」

〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン本社ビル42階
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
ホームページ
http://www.sompo-japan.co.jp/museum/

開館時間:10:00〜18:00 ※入館は閉館の30分前まで(展覧会により金曜日時間延長あり)

休館日:月曜日(休日の場合は開館)、年末年始、展示替の期間

入館料:一般1000円、大学・高校生600円、小・中学生無※展示会により料金が異なる場合あり。

損保ジャパン東郷青児美術館
損保ジャパン東郷青児美術館
 
ゴッホの代表作「ひまわり」が見ることができる美術館
  損保ジャパン本社ビル

東郷青児をはじめ、国内外の作家の作品を展示

新宿駅から徒歩数分、損保ジャパン本社ビル内42階の位置に設けられているのが損保ジャパン東郷青児美術館です。館内は企画展コーナーと常設展コーナーに分かれており、常設展コーナーでは開館当時、前身の安田火災とゆかりの深かった東郷青児画伯が寄贈した作品や海外の画家の作品を一般公開しています。

なりたち

株式会社損害保険ジャパンの前身会社のひとつである安田火災海上保険株式会社が、新宿新都心の超高層本社ビル建設時に美術館の設置を計画。1976年7月に財団法人安田火災美術財団(当時)を設立して同社の42階に開設しました。館名になっているように、東郷青児画伯とはつながりが強く、美術館設立に当たり自身の作品を約200点、内外作家の作品を約250点寄贈。こうして東郷青児のコレクションを元に、美術館は一般公開されるようになりました。1987年には、より広い美術館活動を目指して、館名を安田火災東郷青児美術館と改め、また2002年に、館名を現在の名称に変更しました。

 

東郷青児とは

1897年、鹿児島に生を受けた東郷青児。幼いころから芸術に関心が強かった東郷は、青山学院中学部在籍中に雑誌にこま絵や草画を投稿するなど積極的に活動を続け、卒業後には18歳の若さで初個展を開催。画壇にデビュー後も、化粧品会社の図案や万年筆の広告制作に関わるなど、画業以外でもさまざまな活動を続けました。その後、7年間にわたるフランスへの留学中も装飾美術の仕事をこなすなど、海外でもその才能を発揮。1920年代からは安田火災の営業案内や記念品、カレンダーなどを手がけ、美術館設立の際には作品を寄贈しました。現在、損保ジャパン東郷青児美術館には油彩70点を含む、版画や彫刻など約200点の東郷作品が収蔵されています。

東郷青児
 
受付

受付

館内に入り、まず見えるのが受付。ここがチケット売り場になっています。チケットを購入し、右へ進んでいくとそこにはガ ラス張りの回廊。42階の高さからは都内を一望することができます。
 

展示室

展覧会は年に6回前後、内容を変更して行われています。海外の芸術家の個展をはじめ、若手の作品を集めた展示会やテーマを設け、それに沿った作品を展示する企画展を開催。常設展コーナーでは、東郷様式の円熟を示す「望郷」といった代表作はもちろん、初期の作品から後期の版画や彫刻といった作品まで、約200点を順次展示しています。また、ゴッホの「ひまわり」、ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」、セザンヌの「りんごとナプキン」の有名作品も見ることができます。
展示室
展示室
展示室
 
セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンの作品が存在感を示しています
3人のプロフィールを知ることが可能
セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャンの作品が存在感を示しています
3人のプロフィールを知ることが可能
ポール・ゴーギャン「アリスカンの並木路、アルル」
ポール・セザンヌ「りんごとナプキン」
ポール・ゴーギャン「アリスカンの並木路、アルル」
ポール・セザンヌ「りんごとナプキン」
  ←フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」
主な所蔵品

1987年10月にフィンセント・ファン・ゴッホの「ひまわり」、1989年1月にはポール・ゴーギャンの「アリスカンの並木路、アルル」、1990年1月にはポール・セザンヌの「りんごとナプキン」が加わりました。ゴッホの代表作の1つで、12点存在するという「ひまわり」、現在のアルルの名所となっているアリスカンを描いた「アリスカンの並木路、アルル」、そしてセザンヌの主題である静物が表されている「りんごとナプキン」。どれも描き手の個性が出ている作品になっています。


←フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」
 
ミュージアムショップ

ミュージアムショップではオリジナルグッズを販売。展示されている作品が描かれたハンドタオルやテレホンカード、今流行のストラップなども揃っています。中でも一番人気はミニクリアファイル。1つ250円とお手ごろな価格。

ミュージアムショップ
 
クリアファイル「望郷」
クリアファイル「望郷」
クリアファイル「花炎」
クリアファイル「花炎」
クリアファイル「バラ一輪」
クリアファイル「バラ一輪」
人気の携帯ストラップ
人気の携帯ストラップ
「ひまわり」などのイラストが描かれているブックメモ
「ひまわり」などのイラストが描かれているブックメモ
眼鏡や液晶の汚れに欠かせないアートクロス
眼鏡や液晶の汚れに欠かせないアートクロス
 



-----------→探訪後記
落ち着いた雰囲気の中、趣向を凝らした企画展コーナーと、東郷青児の作品を中心に成り立つ常設展コーナーともに楽しめました。そして、間近で見る「ひまわり」は実際に見なければわからない質感が表れていて感動。42階から覗く眺めも最高でいうことなしです。 
 
     
東京のミュージアムガイドTOP

エリアで探す:東京23区の美術館−−多摩の美術館

ジャンルで探す:美術館一覧−−博物館その他一覧−−庭園公園一覧
 
 
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.