東京に点在する美術館、博物館、工芸館ほか、文化や自然科学、芸術を観たり、学んだりできるスポットを
実際に訪問取材して、ご紹介するコーナーです。

東京のミュージアムガイド
東京のミュージアムガイド
多摩エリア 23区エリア 美術館 博物館・その他 公園・庭園

 

浮世絵太田記念美術館
UKIYO-E OTA MEMORIAL MUSEUM OF ART

TEL:03-3403-0880

浮世絵太田記念美術館

スポットデータ
SPOT DATA

名称 浮世絵太田記念美術館
住所 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL 03-3403-0880
FAX 03-3470-5994
開館時間 10:30〜17:30(入館は17:00まで)
入館料 内容により異なる
休館日 要確認
公式HP http://www.ukiyoe-ota-muse.jp
その他  
 
大きな地図で見る

ページトップへ

初期から最期までの浮世絵作品がそろう希少な美術館

太田清蔵氏が半世紀以上をかけて集めた浮世絵を展示

ラフォーレ原宿の裏にひっそりと佇むのが「浮世絵大田記念美術館」です。
浮世絵は、日本独自の大衆美術として江戸時代初期に誕生し発展しました。そんな日本独自の文化である浮世絵の初期〜終末にいたるまでの代表作品を網羅しているのが、東邦生命保険相互会社の元会長、故・太田清蔵氏のコレクションです。
「浮世絵大田記念美術館」では、保存状態のよい色鮮やかな故・太田清蔵氏のコレクションを中心とした浮世絵を、月ごとに入れ替え展示しています。


なりたち

江戸時代に美術品として評価されていなかった浮世絵は、江戸時代末期〜明治時代にかけて、いち早く価値を見出した欧米に膨大な数の秀品が流出。版画・肉筆画の鑑賞は、海外に行かなければ見られない状況になっていました。このような現状を嘆いた故・太田清藏氏が、昭和初期より半世紀以上に渡り約12000点におよぶ浮世絵を収集したのです。
そして、同氏の死去にともない、遺族がその遺志を受け、未公開作品の一般展示を行うことを決意。1980年に美術館を設立しました。
この美術館の特徴は、浮世絵の初期である江戸時代の始めから、終末を迎える明治時代にいたるまでの代表作品を所蔵し、すべての作品が色目の美しい保存状態にあることです。


展示室

展示室は1階と2階の2部屋。展示は企画展のみで、2つの展示室を使い、所蔵品を中心にテーマに沿った約80点前後の作品を展示。
1人の絵師にスポットをあてることもあれば、夜景のみに絞ったものなど企画展のテーマもさまざま。
約1ヶ月周期で展示が変わり、毎月異なる作品が楽しめるようになっています。


1階中央は、枯山水風の庭園。奥のガラスケースに作品が並びます

吹き抜けになっている2階は回廊に沿って作品を展示

所蔵品

江戸時代初期〜明治時代にいたるまでの300年にわたる浮世絵の代表作品、約12000点を所蔵。その中には、美人画の浮世絵を得意とした鈴木春信の「風流うたい八景」や歌川広重の「名所江戸百景」の全作品も含まれています。また、江戸中期に活躍したとされる東洲斎写楽の役者絵、葛飾北斎の肉筆画(版画ではなく絵画版浮世絵。1点もののため貴重)などさまざまな、浮世絵がそろう世界でも大変貴重なコレクションです。

※下記掲載作品は常設ではありません。

(左)歌川広重 「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」

鈴木春信
「風流うたひ八景 紅葉狩夕照」

喜多川歌麿
「五人美人愛嬌競 松葉屋喜瀬川」

鳥文斎栄之
「風流略六芸 生花」

葛飾北斎 「冨嶽三十六景 凱風快晴」

葛飾北斎 「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」

葛飾北斎
「雨中の虎」 (肉筆画)

歌川豊春
「桜下花魁道中図」 (肉筆画)

歌川広重
「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」

歌川広重  「東海道五拾三次 庄野 白雨」

小林清親  「東京新大橋雨中図」

東洲斎写楽「中島和田右衛門のぼうだら長左衛門と中村此蔵の船宿かな川やの権」

公開講座

展示するだけでなく、江戸時代の庶民の様子などを描いた浮世絵を通して、江戸時代の文化や浮世絵とは、どのようなものなのかを解説する講座も行われています。
土曜日14:00〜行われる「土曜講座」では、時代背景や文化、浮世絵の技法などを紹介。日曜日11:00〜と14:00〜行われる「日曜映写」では浮世絵の通史を解説する映像を投影しています。
このほかにも、浮世絵に描かれた三味線や浄瑠璃などを実際に鑑賞する「浮世絵を聴く」というイベントも開催予定です。
※講座に関しては、急遽変更になることもございますので、事前にお問い合わせください


2007年秋に開催した伝統音楽の演奏会(「浮世絵を聴く」)の様子
(写真は新内節)


江戸時代の庶民の暮らしや、風景を描写したものなど浮世絵は写真のような役割を果たしていたのだなぁと実感しました。
西洋絵画に、多大なる影響を与えた浮世絵を鑑賞しに行ってみてはいかがでしょうか。
原宿とは思えない、落ち着いた美術館でゆったりと鑑賞できますよ。
Writer by 中原 睦

ページトップへ

     

    

 


         
 
 
 
 携帯メール配信でお店のファン作りをする       低料金できれいなデザインのホームページ制作
 
ぽかなび(日帰り湯)グルメ(飲食)ビューティー(美容)ショップミュージアムウォーキング蔵元めぐり(地酒)
初詣神社寺梅園梅祭り桜お花見アウトドアバーベキュー花火プール紅葉イルミネーションクーポン
エリアガイドTOPイベント情報 メルマガ登録会社概要広告出稿プライバシーポリシー
タチカワオンラインTOPサイトマップ
Copyright (C) Tachikawa Online. All Rights Reserved.